• HOME
  • 相続放棄をして対処した事例

相続放棄をして対処した事例

ご相談の背景

3年前に父親が死亡した事例。父親が死亡してから3年後に父親に借金があることがわかりあわてて専門家に相談。他事務所で相談したところ,3年経っているので,家庭裁判所に相続放棄の申述をしても認められる可能性はないので認めて分割して払っていけるように交渉しましょうと言われた。ただ,生活は楽ではなく本当に払わなければならないのか疑問であったので当事務所に相談に来所した。

解決方法

確かに,父親が死亡してから3か月以上経っているが,このように3か月以上経ってから借金の存在が判明した場合でも救済判例があり,借金の存在を知った時から3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をすれば家庭裁判所は相続放棄の申述を受理してくれる運用になっている。

本件では,金融機関からの督促の通知の日付や父親からお金をもらっていないなど相続を承認したような事情がないことを裏付ける資料を家庭裁判所に提出して,借金の存在を知ったのは死亡から3年経ってからではあるが,3か月以内の要件を充たしていることをわかってもらい相続放棄の申述を受理してもらった。

相続放棄は,民法上「相続の開始を知ったときから3か月以内」に家庭裁判所に申述をしなければなりません。この手続きをしなかった場合,相続人は亡くなった方の財産を引き継ぐことができますが,その反面借金など負の財産も引き継がなければなりません。

通常親に借金しかない,あるいは財産があってもそれ以上に借金がある場合は相続を放棄して親の財産を引き継がないと考える人が多いと思います。ところが,この事例のように3か月がかなり過ぎた後に借金の存在が判明することも珍しくありません。このような場合は救済判例がありますのであきらめて払わなければならないと決めつけることはありません。

相続放棄ができる事案なのかどうか,相続放棄の事例を多くこなしている専門家または専門家事務所に相談しましょう。



maejima_toiawase_sozoku.png


本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所
sagamioono1023.jpg

当事務所についての詳しい情報は以下をご覧下さい

zyosei.PNG

事務所概要

弁護士紹介

ご相談・ご予約の流れ

サービス内容と料金

アクセス

トップページへ

本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright © 2010 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.